吉田都さん Miyako Yoshida

日本人女性のバレエダンサーで最も有名な方といえば、吉田都さんでしょうか。
バレエを始めた時期は遅かったのですが、才能に満ち溢れた方なのだと思います。
しかし英国にバレエ留学されてからは、西洋人と比べると見劣りしてしまう体型にはずいぶん悩まされたようです。
そんなマイナス面も、技術力でカバーすべく努力を怠らなかったと言います。
結果、長年に渡りプリンシパルとして活躍されました。

1965年 出生
1974年 バレエを始める
1981年 全国舞踊コンクール・ジュニア部門第1位
1983年 ローザンヌ国際バレエコンクールでローザンヌ賞受賞

同 年  英国ロイヤルバレエ学校に留学
1984年 サドラーズウェルズロイヤルバレエ団(現バーミンガムロイヤルバレエ団)入団
1988年 最高位のプリンシパル(主役級)に昇格
1995年 英国ロイヤルバレエ団にプリンシパルとして移籍
2010年 英国ロイヤルバレエ団退団
現在もフリーのバレリーナとして精力的に活躍されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です