熊川哲也さん Tetsuya Kumakawa

バレエファンに限らず、誰もが知っている日本人のバレエダンサー熊川哲也さん。
ジャンプの高さと滞空時間は奇跡的ですし、イケメンですのでファンも多いかと思います。

ローザンヌで金賞を受賞した際の司会の方々が少々毒舌で、欧米人と比較して手足の短さを指摘していましたが、それを踏まえながらも彼の踊りを褒めたたえていて何とも小気味良い感じでした(司会の音声付きの動画は見つけられませんでしたので、こちらの動画は司会の音声なしです)。

1972年 出生
1982年 バレエを始める
1987年 英国ロイヤルバレエ学校留学
1989年 ローザンヌ国際バレエコンクールで日本人初の金賞を受賞

1989年 英国ロイヤル・バレエ団入団(東洋人初)
1998年 同バレエ団退団


1999年 Kバレエカンパニーを創立
2013年 紫綬褒章受章

あまりに完璧すぎて怖いようなイメージもありますが、1999年に出演した「とんねるずの生でダラダラいかせて!! 」のコーナー「木梨憲武バレエ団」では、意外な一面が垣間見れて印象が少し変わりました。
(ずいぶん前に動画サイトで見つけて保存ましたが、著作権の関係で現在は削除されていますので見れなくなっています…)
image (1)image (2)

数年前、娘にKバレエの公演を観に行かせましたが、私は経済的な理由で諦めました。
いつかは私もを観てみたいなぁと思っています。

よろしければクリックお願いします↓
br_banner_paris

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です