カテゴリー別アーカイブ: 必要なもの

バレエの下着

娘が小さいうちは、レオタードの下はパンツ1枚でした。
ほかのお友だちもそうだったと思いますが、レオタードのお尻から大きくパンツがはみ出している子をよく見かけました。
また、薄い色のレオタードの場合、パンツの絵柄が透けて見えている子もいました。
小さいうちは微笑ましくもありましたが、せっかくのかわいいレオタードが台無しです。
うちでは、娘が幼いころは、小さ目デザインの無地のものを着用させていました。

少し大きくなってから、レオタードにひびきにくい専用のショーツを購入しました。
安いものだと800円ぐらいからありますが、お尻に食い込みやすかったり履き心地が悪かったりで、結局あまり使わないまま買いなおすことになってしまいます。
うちがまさにそうでした…。

それと、小学校中学年か高学年ぐらいからボディファンデーション(通称ボディファン)と呼ばれる下着もレオタードや衣装の下に着用するようになりました。
お値段は2,000円ぐらいからあります。

ランキングに参加してみました。
よろしければクリックお願いします↓
br_banner_paris

シニヨンのつくり方

バレエのヘアスタイルと言えばシニヨンが必須ですが、あまり手が器用でないお母さんは慣れるまで少し大変です。
お子さんがある程度大きくなれば自分でできるようになるので、それまではお母さんの仕事と思ってしっかりマスターするしかありません。
ひとつ気を付けたいのが、ただのお団子ヘアとは少し違っていて、お団子部分の形が少々平べったい感じです。

必要なものは、
・ブラシ
・コーム
・ゴム
・ネット
・ヘアピン
・Uピン
・スタイリングウォーター(うちはスプレー容器にただの水を入れて使っています)
・ハードタイプのジェル
・ヘアスプレー(うちは普段のレッスンでは使いません)など

チャコットに「シニヨンセット」なるものがありますが、100円均一などで揃えても十分使えます。

苦手な方はチャコットのシニヨンのつくり方の動画で研究してみてください。

ランキングに参加してみました。
よろしければクリックお願いします↓
br_banner_paris

月謝と、事前に準備したもの

娘と一緒に始めたカルチャーセンターの「親子バレエ」は週1回、1レッスン75分。月謝は8,400円で、カルチャーセンターの決まりで3カ月分を一度に納入しました。
小さな娘の習い事としては高額かもしれませんが、私も一緒にレッスンを受けますので、1人あたり4,200円と考えると平均的ではないかと思います。
レッスンが始まる前に準備したものは、布製のバレエシューズ、娘のレオタードとタイツです。
レオタードを着れる体型ではない私はジャージで済ませました。

バレエグッズが買えるショップと言えばチャコットが有名ですが、少々お値段がはりますので、続くかどうかわからないので手軽に始めたいという方も多いと思います。
私もできるだけ安く揃えたい派でしたので、それぞれネットで購入しました。
十数年前のことですので、お値段ははっきり覚えていませんが、だいたいこれぐらいだったと思います。
レオタード:3,000円~4,000円
タイツ:1,000円前後
シューズ(大人用・こども用):各1,000円前後

こども用だけでおよそ5,000円~6,000円で、準備ができました。
ただし、それぞれ違うショップで購入したため送料がかかりました。
それをプラスすると7,000円~8,000円ほどになりました。
幸い、今ではバレエを習うお子さんが増えたため、送料込みとか、送料の安いメール便での発送OKのショップも多くなり購入しやすくなりました。
また同じショップですべてが揃えられたら、節約できた送料分の出費でもっとかわいいレオタードが買えたんじゃないかと思っていたのですが、今ではビギナーさん用に、送料無料でレオタード・タイツ・シューズの3点をセット料金で販売しているところも多いようです。

キッズ用バレエ3点ビギナーセット