カテゴリー別アーカイブ: 知っておきたいこと

お子さんにバレエを習わせる前に知っておきたいこと

バレエはお金持ちの習い事?

「バレエはお金持ちの習い事」というのは誰もが持っているイメージだと思います。
私もそれは否定しません…が、我が家はお金持ちどころか母子家庭ですし、訳あって養育費は一切もらっていません。
私は働いていますが普通の会社員ですし、実家がお金持ちというわけでもありません。
しかし、娘はもう十数年もバレエを続けています。

ballet_tips_dance_265066前にも書きましたが、昔と違ってバレエを習うお子さんが増えています。
そのおかげか、教室も増えてわざわざ遠くの教室まで交通費をかけて通う必要もありませんし、月謝もびっくりするほど高くはないと思います。
そう、月々にかかるお金だけにフォーカスすると、他の習い事とそれほど変わりありません。
では何にお金がかかるのかというと、発表会です。
教室にもよりますが、1~2年に1度、発表会が行われます。
発表会では、衣装代、チケット代、出演料、その他もろもろ…湯水のようにお金が出ていきます。
それでも小さなうちは合計で数万円ぐらいだったと思います。
子どもの習い事に一度に数万円!?となると、結構な支出だと思いますが、私は年間にかかるお金として考えていましたので、こんなもんかなぁといった感じでした。
例えば月謝が5,000円、年に1度の発表会にかかるお金が3万円だとすると、発表会の経費を12カ月で割って2,500円。
5,000円+2,500円=7,500円
これが1カ月にかかるバレエ代と思えば、それほど高くは感じませんし、もっとお金のかかる習い事はたくさんあります。
ただし、小さな子でも発表会の出演料が一律10万円で発表会に出ない子も多いという教室もうちの近所にありますので、教室に入る前に発表会の頻度とどれくらいのお金がかかるのかを尋ねられた方がいいと思います。

お金が本当にかかるのは、レッスンの数を増やしてからです。
ある程度大きくなって、出番の多い役をもらったり、プロの男性ダンサーと組ませてもらったりするようになると、結構な出費になります。
我が家で、年間の出費は40~50万円ぐらい。
1カ月の金額として換算すると40,000円ほどです。
かなり家計を圧迫する金額ですが、同じクラスの子どもたちと比べるとレッスン数も少ないので、他のご家庭はそれだけ裕福なんだと思います。
娘も我が家の財政状態が他の家庭とは違うということはちゃんと理解しています。
少ないレッスンの中で、サボったり気を抜くということは一切なく常に全力で取り組んでいますので、毎回他の子と遜色ない役をいただきコスパはかなり良いかと思います(笑)。

たまに他のお母さまと、お金の話になることがあります。
夫婦共働きのご家庭で、バレエに関して非協力的なご主人から苦情を言われないよう、バレエにかかるすべてのお金をお母さまの収入でやりくりなさっているということでした。
そういえば熊川哲也さんのお母さまは、昼間はスーパー、夜は寿司屋と仕事をかけもちして、哲也さんの英国留学を支えていたそうです。

では、裕福でもないのに、無理をしてでもバレエを続けさせるのはなぜなのか?
これは、ひとことでは言い表せません。
気軽に始めたバレエですが、本人はもちろん、私の思い入れも強くなっているので「お金がかかるのでやめさせる」という選択肢は私にはありません。
多少無理をしても、やらせてあげたいという気持ちです。
しかし高校生ぐらいになると、将来バレエで生計を立てることが可能か否かということは何となくわかります。
バレエで生計を立てることがないのなら、今やっていることは「趣味」ということでしょうか。
普通に考えて、ただの「趣味」にそれだけのお金をかける価値があるのか?
お友だちのお母さまと、そんな話題になることがあります。
これもひとことでは言い表せませんが、やめるとなると、これまでにかかったお金と時間と労力から、それまで親が勝手に抱いていた夢や希望が絶たれるような感覚もあります。

話が逸れましたが、まだ小さなうちは、そこまで考える必要はないと思います。
娘のクラスは、トウシューズを履く時期(小学3年生ぐらい)から数年で人数が半数ほどになりました。
トウシューズでうまく踊れず辛くてやめた子もいましたが、「本当にやりたいこと」に気づいてスポーツなどに転向した子もいます。
とりあえず、その「本当にやりたいこと」を見つけるまでと考えると、お金持ちでなくても気軽にできる習い事なのではないでしょうか。

よろしければクリックお願いします↓
br_banner_paris

娘にバレエを習わせてよかったこと②

「バレエをやっている子は姿勢が良い」
誰もがそう思っているようですが、私は必ずしもそうは思いません。
バレエ教室のお友だちを見ていて、少しだけ猫背だったり、顔が前に出ていたり…もったいないなぁと思うことがよくあります。
それを娘に伝えると、先生からも注意を受けるけど、なかなか直らないんだとか。
それは本人の問題なんだと思います。
当然、上手に踊れる子は姿勢が良い子が多いです。
でも、上手に踊れているのに、顔が前に出てしまう癖のせいで、キメのポーズがいまいち決まらない子もいます。
そこさえちゃんとやれば、各段にきれいに見えるのに。
おせっかいな私はつい本人に言いたくなるのですが、そこはぐっと我慢。
踊れない私から言われると、間違いなく傷つくのは本人ですから。
幸い、娘はそれほど上手というわけではありませんが、姿勢はきれいです。
私が大人になってから知り合ったバレエ歴17年の友人は、娘が小学生のときの発表会のビデオを観て、「キメのポーズが上手だね」と言いました。
そのときは、踊りはどうなのよ?なんて思いましたが、まだ大した役をいただけていない時期でしたし、日ごろからお世辞なんて言わない友人でしたので、褒められたことを有り難く思いました。
娘は幼いころから美意識が高く、人間観察&モノマネも得意なので、常にどうやれば美しく見えるかを意識して実践していたように思います。
保育園時代は、いつもピアノに映る自分の姿を見ながらクルクルとターンをしていたそうです(卒園時の先生からのメッセージに書いてありました)
そんなこともあり、美しさ=良い姿勢という認識のもと、良い姿勢が幼いころから身についていたからこそポーズもきれいに見えるのだと思います。
話が逸れましたが、上手に踊れるお友だちを見て自分とどう違うのかを判断し改善していく向上心のある子は、きっと普段の姿勢にも気を付けているはずです。
バレエをやっているから姿勢がきれい…なのではなく、バレエをうまく踊れるように努力をしているから姿勢がきれいなのだと私は思っています。

ランキングに参加してみました。
よろしければクリックお願いします↓
br_banner_paris

娘にバレエを習わせてよかったこと①

娘にバレエを習わせてよかったことはいくつもあります。
ひとつは、娘も私も抵抗なくクラッシック音楽を聴けるようになったこと。
私はクラッシック音楽なんて、ほとんど聴いたこともなければ興味もありませんでした。
娘がバレエを始めてからもずっとそんな感じだったのですが、変わったのは娘が小学校高学年ぐらいに発表会で幕物(ストーリー物)に出るようになってからだと思います。
衣装も踊りもバレエらしいものになり、発表会のDVDを何度も観るうちに、その曲を聴くだけで情景が浮かんでくるようになりました。
切ない気持ちになったり、楽しい気持ちになったり、まるで私自身が以前踊ったことのあるような(笑)そんな感覚です(決して踊れませんが)。
今では、バレエの音楽がテレビのCMで流れてくるだけで、心が休まります。
普段は洋楽などを聴きながら大声で歌って踊って(バレエではないんですが…)という感じの今どきの娘も、ときどき、NHKでオーケストラの演奏をじっと見て(聴いて)いることがあり、少し嬉しくなってしまいます。
バレエを習っていなかったら、絶対こんなことはなかっただろうな…と思います。

ランキングに参加してみました。
よろしければクリックお願いします↓
br_banner_paris

バレエを始めるのは何歳から?

娘は4歳8カ月から始めましたが、それが良かったのか悪かったのかはよくわかりません。
バレエ教室によっては1歳からのクラスもあるようで、もちろんまだヨチヨチ歩きの時期ですので、バレエと言うよりもお母さんと一緒にストレッチといった感じでしょうか。
娘のバレエ教室のお友だちは、3歳ぐらいからという子が多いようです。
ただ、早く始めたからと言って、早く上達するものではないと思います。
その子の生まれ持った才能(運動能力・センス・スタイル等)で、後々、大きな差が出てくるのは確かなようです。

英国のロイヤルバレエ団で長年プリンシパルとして活躍した吉田都さんは、9歳のときにバレエを始められたそうですが、その8年後の高校2年生のときにローザンヌ国際バレエコンクールでスカラシップ賞を受賞。
また、日本で一番有名なバレエダンサー(勝手に私がそう思っているのですが…)熊川哲也さんは10歳で始められたそうで、7年後のローザンヌ国際バレエコンクールでは日本人初の金賞を受賞されました。

このお二人は極端な例ですが、才能があれば、始める時期はそれほど大きく影響することはないようです。
ただし、体がまだ柔らかいうちに始めた方が良いとは思います。
娘は私と似て、バレエを習い始めたときはすでに体が硬く、開脚などの床でのストレッチの時間がとても辛かったようです。
でも、そのストレッチを嫌々ながら続けたおかげで今があると、先日しみじみ言っておりました。
結局のところ、習い事のひとつとして考えるならば、「我が子にバレエを習わせたい」と思った時期が適した時期なのかもしれませんね。

初めてのレオタード選び

私にバレエ経験がないせいか、初めてのレオタード選びはとても楽しめました。
子供向けのレオタードは本当にかわいらしいものが多く、小さなお花やリボンがついていたり、色もデザインもさまざまです。
色は娘の大好きな色、ピンクにしました。
デザインはシンプルでしたが、リボンで結ぶタイプのシフォンのスカートがついていました。
しかし、そのスカートに後々悩まされることになったのです。

娘は中肉中背で決して太っている方ではありませんでしたが、まだ4歳で幼児体型そのものでしたので、おなかがなだらかに膨らんでいました。
レオタードを着用して、そのウエストにスカートのリボンを2周して結びます。
すると、レッスンを受けているうちに段々とそのリボンがずれてきて、リボンの1周目部分がウエストに残り、その数センチ下にスカートがぶら下がるようなみっともない形になりました。
何度結びなおしても同じ結果になり、少しきつめに結ぶと苦しそうでかわいそうでした。
ほどなくして、そのスカートは使わなくなりましたが、それ以降は同じタイプのものを買うことはありませんでした。
このような経験から、スカート付きのレオタードの場合はウエストゴムかレオタードに縫い付けてあるものを強くおすすめします。

また、レオタードの色がピンクだったので、シューズもタイツもピンクを選んだのですが、それは大正解でした。
発表会がある場合、シューズとタイツは他のお子さんと色を揃える必要がありました。
どちらもピンクが主流ですので、発表会のためにわざわざ買い足す必要はありませんでした。
教室や演目によって多少は違うかもしれませんが、娘が後に変わった別の教室もピンクが主流でした。

キッズ用バレエ3点ビギナーセット

月謝と、事前に準備したもの

娘と一緒に始めたカルチャーセンターの「親子バレエ」は週1回、1レッスン75分。月謝は8,400円で、カルチャーセンターの決まりで3カ月分を一度に納入しました。
小さな娘の習い事としては高額かもしれませんが、私も一緒にレッスンを受けますので、1人あたり4,200円と考えると平均的ではないかと思います。
レッスンが始まる前に準備したものは、布製のバレエシューズ、娘のレオタードとタイツです。
レオタードを着れる体型ではない私はジャージで済ませました。

バレエグッズが買えるショップと言えばチャコットが有名ですが、少々お値段がはりますので、続くかどうかわからないので手軽に始めたいという方も多いと思います。
私もできるだけ安く揃えたい派でしたので、それぞれネットで購入しました。
十数年前のことですので、お値段ははっきり覚えていませんが、だいたいこれぐらいだったと思います。
レオタード:3,000円~4,000円
タイツ:1,000円前後
シューズ(大人用・こども用):各1,000円前後

こども用だけでおよそ5,000円~6,000円で、準備ができました。
ただし、それぞれ違うショップで購入したため送料がかかりました。
それをプラスすると7,000円~8,000円ほどになりました。
幸い、今ではバレエを習うお子さんが増えたため、送料込みとか、送料の安いメール便での発送OKのショップも多くなり購入しやすくなりました。
また同じショップですべてが揃えられたら、節約できた送料分の出費でもっとかわいいレオタードが買えたんじゃないかと思っていたのですが、今ではビギナーさん用に、送料無料でレオタード・タイツ・シューズの3点をセット料金で販売しているところも多いようです。

キッズ用バレエ3点ビギナーセット